MADE IN IWATE

 

三浦 槇悟 稲作・醸造 上質な日本酒を作るために誰よりも米を想い、酒を想う。 【最高の純米酒を造りたい】との思いから先ず原料にこだわりました。原料米は、減農薬無化学肥料で完全に自社管理栽培で育てた、現在岩手県において最上級の酒造好適米【結の香】を100%使用し、綺麗で強い【酔仙の水】で徹底的に温度管理をしながらゆっくり丁寧に醸しています。

 

東山和紙 包装紙 東山和紙は、岩手県一関市東山町で800年余受け継がれる伝統の手漉き和紙です。 文献によって知ることができるのは江戸時代からで、正徳5年(1715年)には、163人もの漉き職人があったとされています。 幕末から明治にかけて再生期を迎え、昭和17年には285人もの職人が、岩手県内をはじめ東北各地に広範な販路を持っていました。 現在は、わずか4名ではありますが、東山和紙の800年余の伝統を守り、独特な技法を忠実に受け継ぎ、楮(こうぞ)紙を中心とした素朴で強靭な和紙を漉き続けています。

 

判子 古鼎堂
古鼎堂は、岩手県一関市摺沢町で3代続く老舗の印章店です。 自然でシンプルな包装紙にはブランドロゴのみを誂えました。 印刷ではなく判子で、弊蔵にて包装紙1枚1枚に丁寧にスタンプしています。 資生堂デザインチームに作成していただいたロゴデザインを、 判子職人に具現化していただきました。

 

春から秋にかけてお米を作り、そこでできたお米を使用して冬はお酒を仕込む。 1年を通して一切の妥協が許されないお酒が氷上です。
それぞれの職人が1つ1つの素材にこだわり、納得いくまで仕上げました。 酒質、ボトルデザイン、パッケージ全てを通じて岩手の自然の豊かさ、素朴さを表現しています。

 

岩手県大船渡市猪川町字久名畑136-1

お問合せ

Submitting Form...

The server encountered an error.

Form received.

稲作・醸造 三浦 槇悟
上質な日本酒を作るために誰よりも米を想い、酒を想う。 【最高の純米酒を造りたい】との思いから先ず原料にこだわりました。原料米は、減農薬無化学肥料で完全に自社管理栽培で育てた、現在岩手県において最上級の酒造好適米【結の香】を100%使用し、綺麗で強い【酔仙の水】で徹底的に温度管理をしながらゆっくり丁寧に醸しています。
判子 古鼎堂
古鼎堂は、岩手県一関市摺沢町で3代続く老舗の印章店です。 自然でシンプルな包装紙にはブランドロゴのみを誂えました。 印刷ではなく判子で、弊蔵にて包装紙1枚1枚に丁寧にスタンプしています。 資生堂デザインチームに作成していただいたロゴデザインを、 判子職人に具現化していただきました。
包装紙 東山和紙
東山和紙は、岩手県一関市東山町で800年余受け継がれる伝統の手漉き和紙です。 文献によって知ることができるのは江戸時代からで、正徳5年(1715年)には、163人もの漉き職人があったとされています。 幕末から明治にかけて再生期を迎え、昭和17年には285人もの職人が、岩手県内をはじめ東北各地に広範な販路を持っていました。 現在は、わずか4名ではありますが、東山和紙の800年余の伝統を守り、独特な技法を忠実に受け継ぎ、楮(こうぞ)紙を中心とした素朴で強靭な和紙を漉き続けています。
春から秋にかけてお米を作り、そこでできたお米を使用して冬はお酒を仕込む。 1年を通して一切の妥協が許されないお酒が氷上です。
それぞれの職人が1つ1つの素材にこだわり、納得いくまで仕上げました。 酒質、ボトルデザイン、パッケージ全てを通じて岩手の自然の豊かさ、素朴さを表現しています。
稲作・醸造 三浦 槇悟
上質な日本酒を作るために誰よりも米を想い、酒を想う。 【最高の純米酒を造りたい】との思いから先ず原料にこだわりました。原料米は、減農薬無化学肥料で完全に自社管理栽培で育てた、現在岩手県において最上級の酒造好適米【結の香】を100%使用し、綺麗で強い【酔仙の水】で徹底的に温度管理をしながらゆっくり丁寧に醸しています。
包装紙 東山和紙
東山和紙は、岩手県一関市東山町で800年余受け継がれる伝統の手漉き和紙です。 文献によって知ることができるのは江戸時代からで、正徳5年(1715年)には、163人もの漉き職人があったとされています。 幕末から明治にかけて再生期を迎え、昭和17年には285人もの職人が、岩手県内をはじめ東北各地に広範な販路を持っていました。 現在は、わずか4名ではありますが、東山和紙の800年余の伝統を守り、独特な技法を忠実に受け継ぎ、楮(こうぞ)紙を中心とした素朴で強靭な和紙を漉き続けています。
判子 古鼎堂
古鼎堂は、岩手県一関市摺沢町で3代続く老舗の印章店です。 自然でシンプルな包装紙にはブランドロゴのみを誂えました。 印刷ではなく判子で、弊蔵にて包装紙1枚1枚に丁寧にスタンプしています。 資生堂デザインチームに作成していただいたロゴデザインを、 判子職人に具現化していただきました。
春から秋にかけてお米を作り、そこでできたお米を使用して冬はお酒を仕込む。 1年を通して一切の妥協が許されないお酒が氷上です。
それぞれの職人が1つ1つの素材にこだわり、納得いくまで仕上げました。 酒質、ボトルデザイン、パッケージ全てを通じて岩手の自然の豊かさ、素朴さを表現しています。
稲作・醸造 三浦 槇悟
上質な日本酒を作るために誰よりも米を想い、酒を想う。 【最高の純米酒を造りたい】との思いから先ず原料にこだわりました。原料米は、減農薬無化学肥料で完全に自社管理栽培で育てた、現在岩手県において最上級の酒造好適米【結の香】を100%使用し、綺麗で強い【酔仙の水】で徹底的に温度管理をしながらゆっくり丁寧に醸しています。
包装紙 東山和紙
東山和紙は、岩手県一関市東山町で800年余受け継がれる伝統の手漉き和紙です。 文献によって知ることができるのは江戸時代からで、正徳5年(1715年)には、163人もの漉き職人があったとされています。 幕末から明治にかけて再生期を迎え、昭和17年には285人もの職人が、岩手県内をはじめ東北各地に広範な販路を持っていました。 現在は、わずか4名ではありますが、東山和紙の800年余の伝統を守り、独特な技法を忠実に受け継ぎ、楮(こうぞ)紙を中心とした素朴で強靭な和紙を漉き続けています。
判子 古鼎堂
古鼎堂は、岩手県一関市摺沢町で3代続く老舗の印章店です。 自然でシンプルな包装紙にはブランドロゴのみを誂えました。 印刷ではなく判子で、弊蔵にて包装紙1枚1枚に丁寧にスタンプしています。 資生堂デザインチームに作成していただいたロゴデザインを、 判子職人に具現化していただきました。
春から秋にかけてお米を作り、そこでできたお米を使用して冬はお酒を仕込む。 1年を通して一切の妥協が許されないお酒が氷上です。
それぞれの職人が1つ1つの素材にこだわり、納得いくまで仕上げました。 酒質、ボトルデザイン、パッケージ全てを通じて岩手の自然の豊かさ、素朴さを表現しています。
稲作・醸造 三浦 槇悟
上質な日本酒を作るために誰よりも米を想い、酒を想う。 【最高の純米酒を造りたい】との思いから先ず原料にこだわりました。原料米は、減農薬無化学肥料で完全に自社管理栽培で育てた、現在岩手県において最上級の酒造好適米【結の香】を100%使用し、綺麗で強い【酔仙の水】で徹底的に温度管理をしながらゆっくり丁寧に醸しています。
包装紙 東山和紙
東山和紙は、岩手県一関市東山町で800年余受け継がれる伝統の手漉き和紙です。 文献によって知ることができるのは江戸時代からで、正徳5年(1715年)には、163人もの漉き職人があったとされています。 幕末から明治にかけて再生期を迎え、昭和17年には285人もの職人が、岩手県内をはじめ東北各地に広範な販路を持っていました。 現在は、わずか4名ではありますが、東山和紙の800年余の伝統を守り、独特な技法を忠実に受け継ぎ、楮(こうぞ)紙を中心とした素朴で強靭な和紙を漉き続けています。
判子 古鼎堂
古鼎堂は、岩手県一関市摺沢町で3代続く老舗の印章店です。 自然でシンプルな包装紙にはブランドロゴのみを誂えました。 印刷ではなく判子で、弊蔵にて包装紙1枚1枚に丁寧にスタンプしています。 資生堂デザインチームに作成していただいたロゴデザインを、 判子職人に具現化していただきました。
春から秋にかけてお米を作り、そこでできたお米を使用して冬はお酒を仕込む。 1年を通して一切の妥協が許されないお酒が氷上です。
それぞれの職人が1つ1つの素材にこだわり、納得いくまで仕上げました。 酒質、ボトルデザイン、パッケージ全てを通じて岩手の自然の豊かさ、素朴さを表現しています。
稲作・醸造 三浦 槇悟
上質な日本酒を作るために誰よりも米を想い、酒を想う。 【最高の純米酒を造りたい】との思いから先ず原料にこだわりました。原料米は、減農薬無化学肥料で完全に自社管理栽培で育てた、現在岩手県において最上級の酒造好適米【結の香】を100%使用し、綺麗で強い【酔仙の水】で徹底的に温度管理をしながらゆっくり丁寧に醸しています。
春から秋にかけてお米を作り、そこでできたお米を使用して冬はお酒を仕込む。 1年を通して一切の妥協が許されないお酒が氷上です。
それぞれの職人が1つ1つの素材にこだわり、納得いくまで仕上げました。 酒質、ボトルデザイン、パッケージ全てを通じて岩手の自然の豊かさ、素朴さを表現しています。
包装紙 東山和紙
東山和紙は、岩手県一関市東山町で800年余受け継がれる伝統の手漉き和紙です。 文献によって知ることができるのは江戸時代からで、正徳5年(1715年)には、163人もの漉き職人があったとされています。 幕末から明治にかけて再生期を迎え、昭和17年には285人もの職人が、岩手県内をはじめ東北各地に広範な販路を持っていました。 現在は、わずか4名ではありますが、東山和紙の800年余の伝統を守り、独特な技法を忠実に受け継ぎ、楮(こうぞ)紙を中心とした素朴で強靭な和紙を漉き続けています。
判子 古鼎堂
古鼎堂は、岩手県一関市摺沢町で3代続く老舗の印章店です。 自然でシンプルな包装紙にはブランドロゴのみを誂えました。 印刷ではなく判子で、弊蔵にて包装紙1枚1枚に丁寧にスタンプしています。 資生堂デザインチームに作成していただいたロゴデザインを、 判子職人に具現化していただきました。
稲作・醸造 三浦 槇悟
上質な日本酒を作るために誰よりも米を想い、酒を想う。 【最高の純米酒を造りたい】との思いから先ず原料にこだわりました。原料米は、減農薬無化学肥料で完全に自社管理栽培で育てた、現在岩手県において最上級の酒造好適米【結の香】を100%使用し、綺麗で強い【酔仙の水】で徹底的に温度管理をしながらゆっくり丁寧に醸しています。
春から秋にかけてお米を作り、そこでできたお米を使用して冬はお酒を仕込む。 1年を通して一切の妥協が許されないお酒が氷上です。
それぞれの職人が1つ1つの素材にこだわり、納得いくまで仕上げました。 酒質、ボトルデザイン、パッケージ全てを通じて岩手の自然の豊かさ、素朴さを表現しています。
包装紙 東山和紙
東山和紙は、岩手県一関市東山町で800年余受け継がれる伝統の手漉き和紙です。 文献によって知ることができるのは江戸時代からで、正徳5年(1715年)には、163人もの漉き職人があったとされています。 幕末から明治にかけて再生期を迎え、昭和17年には285人もの職人が、岩手県内をはじめ東北各地に広範な販路を持っていました。 現在は、わずか4名ではありますが、東山和紙の800年余の伝統を守り、独特な技法を忠実に受け継ぎ、楮(こうぞ)紙を中心とした素朴で強靭な和紙を漉き続けています。
判子 古鼎堂
古鼎堂は、岩手県一関市摺沢町で3代続く老舗の印章店です。 自然でシンプルな包装紙にはブランドロゴのみを誂えました。 印刷ではなく判子で、弊蔵にて包装紙1枚1枚に丁寧にスタンプしています。 資生堂デザインチームに作成していただいたロゴデザインを、 判子職人に具現化していただきました。